神と僕と魔法を夢で(6)

結果だけいうと、間に合わなかった。落下速度と僕の走る速度では文字通り天と地ほどの差があった。ただ地面に触れる直前で時が止まった。本当にただそれだけだった。 「ふぅ、あぶなかったー」 「もう、いっそ死んでしまえ!」 駆けつけた僕の一言は自分でも予想してなかった暴言だった。全く後悔も反省もしてないけど。 「ふん、それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more